作成者別アーカイブ: yoshidaryuichi

★限定商品★ブラックシープ2D/ここがソノラマなら、君はコバルト(カセットブック)/2014.11.24発売

sonorama

『ここがソノラマなら、きみはコバルト』購入はこちらから!

blacksheep 2D名義の初「作品」、カセットブック『ここがソノラマなら、君はコバルト』をお届けします。
blacksheep 2Dとは、吉田隆一、大谷能生、∞羊子ちゃんの三人で活動音楽ユニットです。「ジャズ研SF部」(吉田部長、大谷副部長)ですので、作るものは必然的にSF作品となります。今回のテーマは「ジュヴナイル」。朝日ソノラマ文庫(とコバルト文庫)にオマージュを捧げております。では収録作品の概略を……

『羊子ちゃんの未来史』は吉田の小説です。第一作目『魔白き翼』はblacksheep(吉田、後藤篤、スガダイローによる音楽ユニット)のアルバム『∞(メビウス)』の特典CD『魔白き翼』のライナーノートとして書いた小説です。章ごとに、収録楽曲にちなんだキーワードを織り込むことを優先にしたため強引な展開となっております。14年8月に行ったblacksheep 3デイズライブの為に書き下ろした作品が『曇り空』です。この本の為に書き下ろした作品が『血の旅』です。

『自慢未満』はアニメーター、寺尾洋之さんによる「愛するガジェット」イラストです。オーディオとギター……ジュヴナイルという言葉が放つ「少年の香り」が優しく漂っています。

『1984年の想像力』は日本SF大賞作家、酉島伝法さんのエッセイです。酉島さんのイマジネーションの源泉、原風景を語る貴重な内容となっております。優れた創作作品としても読める非常に興味深く、素敵な内容です。

『メビウスの涙』はblacksheepセカンドアルバム『2』ジャケットワーク以降お世話になっている漫画家(にして音楽家「DJまほうつかい」でもある)西島大介さんの書下ろしです。今回は表紙にも西島さんのイラストを使わせていただきました。

『そして空から女の子が降ってくる』は荻窪にあるライブハウス『ベルベットサン』の店長で、同店文芸担当(文芸イベントの他、文芸イベントから派生した書籍のデザイン等まで)の長谷川健太郎くんの作品です。

『ジャズ研SF部 in 日本SF展』は漫画家の春田幸江さんによる、世田谷美術館で7月から9月にかけて行われた「日本SF展」のレポート漫画です。ジャズ研SF部、部員募集中です!

『黒羊号の上昇と下降』は日本ポストニューウェーヴSFの重要作家の一人、水見稜さんによる音楽SFです。音楽SFでありながらライブリポートでもあるメタフィクションであり、いわば「私SF」です。長い間の沈黙を破る作品を寄稿いただき、光栄至極であります。

それでは……黒羊のジュヴナイル、最後までお楽しみください。

—————————————————————————————–

続きを読む

blacksheep/∞-メビウス-

mebius

『blacksheep/∞-メビウス-』velvetsun store購入はこちらから!

『blacksheep/∞-メビウス-』Amazon購入はこちらから!

「SF+ジャズ」をコンセプトに結成された変則トリオが、 満を持して放つ3rdアルバムは、バンド史上初めて全曲を「SF」に捧げた魂の傑作!
気鋭の漫画家・西島大介が手掛けるアートワークにも注目!

【お買い上げ頂いた方には、羊子ちゃんが本を読んでいるオリジナルステッカーいずれか1枚をもれなくプレゼント!】

音楽はSFだ!フリージャズ音楽家/バリトンサックス奏者・吉田隆一率いるblacksheepの3rdアルバム『∞ -メビウス-』は、全曲を「SF」に捧げた渾身の一枚。

吉田のSF原体験である作家A・E・ヴァン・ヴォクトの代表作に捧げられたM1は、シンプルでキャッチーなコンポジションが即興演奏によって徐々に膨らみクライマックスへ上り詰めていく、オープニングにふさわしい一曲。伊藤計劃の遺稿を円城塔が書き継いだ同名小説がモチーフのM2は、小説中に用いられたサンプリング的手法を楽曲構造にも取り入れ、クラシックや映画音楽などから様々なフレーズが目まぐるしく引用されるカオスな世界が展開。一転して、M3は現代音楽的で静謐な空気に包まれる、映画『惑星ソラリス』挿入音楽のカバー。レイ・ブラッドベリに捧げられたM4は、ある種ミニマルミュージック的なテーマの反復にフリージャズ的な熱い即興が交錯する。M5~7はJ・G・バラードの長・短篇3作を主題にした組曲で、バラードが描いたシュルレアリスティックで幻視的な世界を音楽で表現。映画『ブレードランナー』(原作はフィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』)のテーマのカバーM8は、あの印象的なメロディの上で吉田のサックスが狂ったように、しかしイマジネーション豊かに咆哮する。ラストを飾るのは、漫画家・西島大介が2ndアルバム『②』のジャケット用に描き下ろしたキャラクター“羊子ちゃん”に捧げた、優しくメランコリックなM9。
なお、西島は今回はジャケットイラストのみならずアルバム全体のアートディレクションを担当。帯には日本が誇るSF作家・神林長平が推薦文を寄せ、全8ページのブックレットには吉田自身によるSF愛あふれる解説を収録!

★★blacksheep「SLAN」をパブリック公開します!こちらをクリック★★

『blacksheep/∞-メビウス-』

1.SLAN
2.屍者の帝国
3.J・S・Bach”コラール・プレリュード/イエスよ、わたしは主の名を呼ぶ(BWV 639)”(映画『惑星ソラリス』より)
4.たんぽぽのお酒
5.J.G.バラード組曲 ”終着の浜辺”
6.J.G.バラード組曲 ”時間の庭”
7.J.G.バラード組曲 ”結晶世界”
8.アンドロイドは電気黒羊の夢を見るか?
9.微かなる陽のきざはしの記憶

blacksheep
吉田隆一(baritone sax …except 3 bass clarinet )
後藤篤(trombone)
スガダイロー(piano)

【発売日】2013.8.18
VELVETSUN PRODUCTS

blacksheep / 2

5177-JRWccL__SY450_

『blacksheep / 2』購入はこちらから!

吉田隆一率いるブラックシープのファースト・アルバムは2008年の夏にリリースされ、初回プレス分を完売(※)。調子に乗ってセカンド・アルバムを出します! 公開録音による独自の空気感をGOK SOUNDの近藤祥昭が見事な案配で録音してくれました。一曲目からグルーヴ感全開で、中間部は激しくもメロディアスに。最後に、ファースト・アルバムの一曲目を全く違った解釈で再演。ジャズファンならずとも納得の行く内容に仕上がっているとメンバーともども自負しております。また今回、ジャケットのマンガを西島大介に依頼しました。ベトナム戦争を独自の視点で描いた傑作『ディエンビエンフー』など話題の西島大介が、羊の角を持つゴスロリ少女(羊子ちゃん)を描いてくれました。ジャズ界(?)初の萌えジャケ! 可愛らしい羊子ちゃんの向こうにアツく燃えさかるblacksheepの音楽がパッケージされています。

blacksheep are :
吉田隆一 Yoshida Ryuichi (baritone saxophone, bass-clarinet)
後藤篤 Goto Atsushi (trombone)
スガダイロー Suga Dairo (piano)

1. 時の声 ( the voices of time / 6:56 ) dedicated to J.G.Ballard
2. 重力の記憶 ( a memory of gravity / 7:09 )
3. 滅びの風 ( perishing wind / 6:59 ) dedicated to Kurimoto Kaoru
4. 星の街 ( Звёздный Городо?к/ 7:14 )
5. 星の灯りは彼女の耳を照らす ( the starlight illuminates her ears / 8:55 )
6. にびいろの都市 ( grayscale city / 6:59 )
7. 切り取られた空と回転する断片 (sky clippings and spinning fragments -revisited / 11:59 )

doubtmusic / dmf-140
2011年3月13日発売
税抜定価:¥2,200
税込定価:¥2,310
特殊 digi-pack 仕様
ジャケットマンガ:西島大介/デザイン:佐々木暁
発売:doubtmusic
配給:BRIDGE INC.

blacksheep

dmf-122s

『blacksheep』購入はこちらから!

ブラックシープとは、渋さ知らズ、藤井郷子オーケストラなどのバリトン・サックス・プレイヤーとして大活躍中の吉田隆一が結成を呼びかけた変則のトリオである。2005年結成。新宿ピットインを拠点にライブを行い、このデビュー作品もピットインのライブからハイクオリティで録音されている。厳選された珠玉の5曲。ミニマル・ミュージック、現代音楽、ジャズを核に、微細に作曲された美しい楽曲を、譜面と即興で紡ぐ永遠のスルメ盤(※)。あるときは美しく、あるときは激しく、あるときはユーモラスに、またあるときはシリアスに、変幻自在な即興と、筋の通った曲の佇まいはECMファン、特にニュー・シリーズ好きのファンに歓待されるだろう。是非お買い求め&お聴きください。
(※)スルメ盤とは・・・噛めば噛むほど味が出る、何度聴いても飽きない作品のこと。ブラックシープの音楽をあまりご存じない方にはちょっとだけ試聴も出来ます。こちらでどうぞ。

吉田隆一(baritone sax), 後藤篤 (trombone), スガダイロー(piano)
1. 切り取られた空と回転する断片 Sky Clippings and Spinning Frgments (16:39)
2. 黒羊の夢 Black Sheep Song (9:58)
3. すべて世は事も無し God’s in His Heaven, All’s Right with the World (8:36)
4. 風を待つアスファルトの夢 Dreams of Asphalt Waiting for Wind (13:24)
5. アーク灯の夢 Dreams of an Arc Lamp (6:06)

doubtmusic / dmf-122
2008年8月10日発売
税抜定価;¥2,200
税込定価;¥2,310
ディジパック仕様(穴なし)
発売;doubtmusic
配給:BRIDGE INC.