神林長平デビュー40周年記念トリビュート・ライヴ

https://www.hayakawabooks.com/n/n7794023515aa より)

言葉とコミュニケーションを軸に40年間、日本SF、いや文学の最前線を走り続けてきた作家・神林長平。記念新作『先をゆくもの達』の8月20日刊行、SFマガジン10月号(8月25日発売)での記念特集に続き、記念の年に相応しいトリビュート・ライヴが決定しました。

日時:10月3日(木)18時開場・19時開演

場所:代官山 晴れたら空に豆まいて  http://haremame.com

神林長平に縁もゆかりもある稀代のミュージシャン達が、神林WORLDをテーマに一夜限りのスペシャルライヴを繰り広げます。

神林ファンのみならず、音楽ファンも必見必聴!

スペシャルゲスト:神林長平

●第1部「ジャズ研SF部」
ジャズとSFをこよなく愛する(たった二人の)部活動「ジャズ研SF部」……部長・吉田隆一/副部長・大谷能生が”神林長平作品の音楽化”という難題に挑む。楽曲をただ五線譜の上で作曲するだけではなく、演奏技法から検討/構築し、神林作品からもたらされた情動を音楽に翻訳する。(吉田隆一)
〈ジャズ研SF部〉

部長:吉田隆一(sax,flute)

副部長:大谷能生(sax,DJ)

仮部員:坂口光央(synthesizer)

顧問:芳垣安洋(percussion)

●第2部「竜理長 feat.難波弘之」
神林とは歳も近いし、彼はSF界で、僕は音楽界でずっと作品を作り続けているし、こちらでは勝手に戦友に近いと思っている。若い作家がどんどん出てくる中で、今も素晴らしく尖った小説を書き続けているのが凄い。今回は、僕のバンドSENSE OF WONDERではないが、こちらも勝手に戦友だと思っている三柴理、高橋竜、長谷川浩二と共に、神林に音楽の捧げ物をしようと思っている。どんな夕べになるか、今から楽しみだ。(難波弘之)
〈竜理長 feat.難波弘之〉

難波弘之(synthesizer)

三柴理(piano)

高橋竜(vocal & bass)

長谷川浩二(drums)

■チケット発売予定日
2019年8月24日(土)午前10時より ハヤカワオンラインにて販売開始

※ハヤカワオンラインの商品ページは2019年8月24日(土)10時にオープンいたします。

■料金
お支払金額(税込) ¥6,450

(内訳:チケット代¥6,000(ドリンク代別)+チケット配送料金¥450)

—————-★お客様へのお知らせ★—————-
①この商品は当社外の商品により配送料金がかかります。何卒ご了承のほどお願いいたします。

②チケットのご購入はお一人様2枚までとさせていただきます。

③お支払い方法は、代金引換・クレジットカード・郵便振替・コンビニ前払いの4通りとなります。詳しくはハヤカワオンラインの「よくある質問」から「Q1.支払方法は何がありますか?」の箇所をご覧ください。

④郵便振替およびコンビニ前払いの入金期限は、チケット申し込み受付から3日以内とさせていただきます。入金が確認でき次第、申込順の整理番号を記載したチケットを発送します。

⑤チケット販売期限は2019年9月23日(祝)までとさせていただきます。

⑥チケット販売受付は先着順となります。予定枚数になりましたら販売期間内でも受付を終了とさせていただきます。

———————————————————-
■お問合せ先
早川書房お客様係(customer@hayakawa-online.co.jp)まで、メールにてご連絡ください。

※電話でのお問合せはお受けできませんのでご了承ください。