PROFILE

吉田隆一略歴

DSC_9425BK
1971年、東京出身。バリトンサックス奏者。中学校の吹奏楽部でバリトンサックスを手にする。91年に林栄一『林管楽交』に参加。バリトンサックス無伴奏ソロ開始。97年に藤井郷子オーケストラに参加。同時期に『渋さ知らズ』に参加。98年、2000年のヨーロッパツアー全日程に参加する。’99年、浜松ジャス・ウィークに『高瀬アキ・スペシャル・オーケストラ』のメンバーとして参加。2000年、『東京中低域』に参加。2006年脱退。2008年10月『SXQ(松本健一SAX Quintet)』によるロシア・リトアニアツアーに参加。2009年8月『アラン・シルヴァCelestrial Communication Orchestra』に参加。
2005年”SF+フリージャズ”トリオ『blacksheep』(吉田隆一bs,後藤篤tb,スガダイローpf)結成。doubt musicより『blacksheep/blacksheep』『blacksheep/2』を発表。2013年、第51回日本SF大会”こいこん”にて招待演奏を行なう。2014年、後藤篤の脱退に伴い『blacksheep2D』(w/大谷能生pc,∞羊子ちゃん)『blacksheep 3D』(w/スガダイローpf,石川広行tp,常田大希cello&ds)と称するユニット等を軸に活動。その後、blacksheep(w/スガダイローpf,石川広行tp,)を中心に、漫画家:西島大介らと共に文化諸相の混在を図るべく音楽活動を行う。

2015年、新垣隆とのデュオアルバム『N/Y』(APOLLO SOUNDS)https://www.youtube.com/watch?v=bUYAXcK2ZXoを発表。

一般社団法人 日本SF作家クラブ会員。谷甲州『航空宇宙軍史・完全版(全五巻)』(早川書房)宮内悠介『アメリカ最後の実験』(新潮文庫)等の巻末解説も担当している。

2014年に小室等プロデュース「糸賀一雄記念賞音楽祭」でのサポート参加をきっかけに障がい者とのボーダーレスな活動に注力。2019年より「パフォーマンス・ラボ」シリーズのディレクターを務める。vol.2の情報

http://yoshidaryuichi.com/